BNR32  三重県 092号車 11

2018/01/16

BNR32  三重県 092号車ですが、板金作業の最後左リアクォーターの交換に入っていますが・・・

IMG_0234錆びているのはわかっていましたが、過去何度か修理されているようでパテがすごいです、

IMG_0239パテもすごいのですが、さらに半自動溶接で手当たり次第溶接されています、

錆び修理作業で一番つらいのは錆が酷いものもちろんですが、それ以上につらい作業があります、それはどこかの誰かが一度修理したものをもう一度修理する、

修理の修理です、特に錆の修理は奥まで取り除こうと思えば思うほど大変です、錆を取るほど穴も大きくなり、復元作業も大変になります、

そこで大きく穴をあけないように錆はそこそこ取り除いて、できた穴は半自動溶接とさらにパテで埋めるといった修理が多く見受けられます、

内部に錆が残っているので数年後にはまた錆が出てきますし、パテと溶接で埋めてあるのでもう一度修理するのが大変ですので、次に修理する方ももう一度、溶接とパテで修理します、

 

こうして何層にも溶接と、パテの層が出来上がります、今回はすべて取り除き新品のフェンダーに交換し一新します。

 

BNR32  三重県 092号車 10

2018/01/11

BNR32  三重県 092号車ですが、左側の作業に入っています、

IMG_0120定番のジャッキアップポイントの潰れから、腐食が始まっています、

ジャッキアップポイントが潰れる→シールが割れる→水が入る→錆びる という状態です、ですので、潰れたジャッキアップポイントを外から引っ張っただけでは中は修理できません。

30111この謎の隙間がジャッキアップすると潰れます、隙間があるので、ジャッキで上げてもここが潰れるだけでボディは持ち上がりません。

そして順番は逆ですが、このプレートの上にもう一枚

IMG_0180このようなプレートが付いています、ここでジャッキアップすると、この一枚だけでボディを持ち上げる状態になります。

 

そでにどちらも生産廃止ですので、鉄板から作り出します。

IMG_0164一枚目

IMG_0159二枚目

せっかく作るので、純正のまま再現するのではなく、謎の隙間はなくして再現します。

IMG_0179まずこれを溶接し、

IMG_0185その上にこれを溶接して、作っていきます。

 

強度アップになっているリブやプレスラインはできる限り純正を再現して、強度アップにつながるところは純正を気にせず対策します。

新品パネルが出ない部分はこのように再現していきますが、非常に時間がかかります、しかもどこまで作り直さないといけないかは、この場所であれば、ステップを外すまで、正確にはわかりません、外してみて初めてわかる部分です。

 

その為当初の予定より、大幅に作業日数がかかってしまうこともありますが、制作、再現の為にお待ちいただければありがたいです。

 

BNR34  神奈川県 N様 090号車 14

2018/01/10

BNR34  神奈川県 N様 090号車も作業は後半です、

IMG_0125エンジン搭載前に、くすんで

IMG_0127細かな腐食の出ていたにニスモ製パイピングを

IMG_0142磨いてきれいにします。

IMG_0146さらにニスモオイルクーラー取り付け

IMG_0151エンジンも降りていたので取り付けもスムーズです。

IMG_0132リアはほぼ組めたので、

IMG_0143あとはフロントも組み付けます。

BNR32  三重県 092号車 9

2018/01/08

BNR32 三重県 092号車はサイドステップとクォーターを交換し溶接作業に入っています。

IMG_0093純正同様スポット溶接にて

IMG_0095接合していきます。

BNR34  神奈川県 N様 090号車 13

2018/01/08

BNR34 神奈川県 N様 090号車はエンジン搭載前にリフレッシュに入ります。

IMG_0066せっかくのニュルエンジンですので、

IMG_0071ホース全交換にガスケットも

IMG_0072インマニはやなり抜けていますね、

IMG_0080エンジンが下りているタイミングで消耗品一式交換します。

IMG_0089純正部品にこだわらず、ガスケットや、ベルトなど耐久性や強度の高いものは積極的に使用します。

IMG_0091ミッションも搭載前に洗浄して、

IMG_0097ミッションメンバーブッシュは劣化というより組み付け不良かと思えるくらい変形していますので、

IMG_0099新品交換

 

 

防錆メニュー ライトプランと点検で入庫

2018/01/06

昨年から予約していただいていた防錆メニュー、ライトプランで入庫いただきました。

IMG_0033非常に綺麗はBNR34Vスペック2です。

IMG_0036外装はきれいですが、下回りは普段見ることがありませんし、何よりディフェーザーの裏側はさらに見えませんので、

IMG_0039この機会に色々と点検します。

IMG_0040ステーなどは

IMG_0041錆び始めていますが、この程度ならまだ大丈夫です。

IMG_0048エンジンオイルなどが付着していますので、

IMG_0046洗ってきれいにします。

IMG_0050下回りも目立った錆もなく、

IMG_0052程度はいい状態です。が、

IMG_0055ハチの巣が出来ていました。

IMG_0059洗剤を使って長年の汚れをおとします。

IMG_0062綺麗にします。

IMG_0063あとは乾燥待ちの間に

IMG_0064ディフェーザーを洗浄します。

 

 

 

 

 

BNR34  神奈川県 N様 090号車 12

2018/01/06

BNR34 神奈川県 N様 090号車も昨年の続きですが、

IMG_0024エンジンルーム内のステーを新メニューの再メッキ処理させて頂きました。

IMG_0026エンジンルームは塗装してピカピカですので、ステーもきれいな方が当然いいですよね。

防錆処理

2018/01/05

年明けから防錆作業が続いています、

IMG_1046内装をばらしてフェンダーの裏側へ、

IMG_1065もちろん下側のメインフレーム内にも

IMG_1076また昨年末より新メニューとして加わったステー再メッキメニューも多数ご依頼いただいております。

あけましておめでとうございます。

2018/01/01

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。本日より仕事始めです。午前中は子供を連れて初詣に行って正月気分を味わってから、午後より作業開始です。

IMG_0977昨年からの続きさ作業でディーラー様からご依頼のシャーシリフレッシュと防錆処理です。防錆処理はいつもの塗装するメニューではありませんが、シャーシリフレッシュを同時作業の場合、下回りのパーツをすべて外してクリアコート処理しますので、

IMG_0978リアメンバーの裏側や、燃料タンクの裏側まで処理出来て効果的です。

IMG_1019ハブベアリングを

IMG_1020新品に、

IMG_1023ドライブシャフトもリビルト品に交換します。

 

また今日は、

IMG_1012S30Zもメンテナンスです、

IMG_1014各部の配線が劣化し導通が怪しい感じです。

IMG_1017今回はトラブルの出ていた部分のみを手持ちの配線で作り直しました。本来ならもっと高性能な配線で車両全体を引き直したいですね。

年越し作業、本年もありがとうございました。

2017/12/31

本年もありがとうございました、様々なGT-Rの作業をご依頼頂きありがとうございました。

IMG_1005今年最後の作業は日産ディーラー様からご依頼の防錆処理とシャーシリフレッシュです。

IMG_1007本日はいつもより早く店を閉め、明日は午後から通常営業で作業再開します。

IMG_1005もう少し安定して作業ができるようになりましたら、正月休みもとれるようにしたいですね。

 

それでは来年もよろしくお願いします。