BNR32 166号車

2024/05/30

BNR32 166号車は、下回り及びエンジンルームなどの錆修理と塗装、そして取り外したタイミングでブッシュ類、ベアリングなどシャーシリフレッシュをご依頼いただきました。

IMG_7546まずは、分解から、

IMG_7583錆、腐食の修理で溶接作業を伴う為室内も分解しました。

IMG_7597今回の作業に必要な分解完了です。

IMG_7600早速回転させて各部の確認をしていきます。

IMG_7604定番のジャッキアップポイントは突きあがっています、

IMG_7605それ以外にもサイドステップはダメージのある部分が何カ所かありますね、

IMG_7611メインフレームも以前に修理された跡と、

IMG_7612内側からの腐食により穴が空いておりパネルもかなり薄くなっているようです。

IMG_7614フロアパネルも腐食で穴が空いております。まずはここから修理を始めます。

IMG_7613パネルの重なっている部分を中心に腐食が進んでいます、

IMG_7615腐食箇所を大きめに切除して、

IMG_7616一枚目を再生、

IMG_7620次に2枚目も再生、ついでに周辺にも穴が空くような腐食が無いかまずは軽くさび落とし、

IMG_7610次に反対側のメインフレームはまずはどのあたりまで切除するのかファイバースコープで内部の状況を確認

IMG_7631切除します。

IMG_7632予想以上の内部腐食でした、

IMG_7633底のパネルはペラペラになっていました。

IMG_7635底だけではなく側面のパネルも、

IMG_7634錆ています。

IMG_7676鉄板から切り出して再生していきます。

IMG_7682再生完了です、切開したところから中をのぞくとまだ錆、腐食があったので、追加でもう少しカットしました。内部の薄錆は除去し溶剤処理しています。

IMG_7683

両側面も再生しました、次はサイドステップの修理へ

 

BNR32 161号車 12

2024/05/30

BNR32 161号車は、

IMG_7670次は回転させて下回りの作業に入ります、まずは高圧洗浄機で洗浄後です、残っている黒いのはシャーシブラックです。

IMG_7674高圧洗浄機では撮れませんでしたが溶剤で取り除きます、

IMG_7671表面に発生している錆を取り除いていきます、

IMG_7672クォーターの腐食の割には下回りの錆は少ないように思います。

 

 

BNR34 162号車 9

2024/05/29

BNR34 162号車は、

IMG_7668分解前に抜き取っておいたエアコンガスをクリーニングし純度を上げて再充填します。

BNR32 161号車 11

2024/05/29

BNR32 161号車は、

IMG_7357修正が完了したリアフェンダー内部を

IMG_7360塗装しました、

IMG_7359次は、リアフェンダーの取り付けですが、

IMG_7576リアフェンダーの裏側も耐久性を考えて塗装、

IMG_7665そしてジグに骨格を固定した状態でリアフェンダーを取り付けます、

IMG_7667

BNR34 162号車 8

2024/05/20

BNR34 162号車は、

IMG_7348ボディの塗装が完了したので、パーツを組み付けていきます。

IMG_6089ボディ下回りも全面処理を終えてから、

IMG_7504機関類の組み付けも完了、通常の車両の場合このまま一気に組み付けを完了させていきますが、

IMG_6072ロールバーが装着されており、

IMG_6083当て版とボディの間で錆も発生していましたので、

IMG_7521当て板はパウダーコートして装着します。

IMG_7522まずは取り付けボルトと当て板の間にシール材を塗ってから組み付け、

IMG_7523当て板とボディの隙間、ボルトの隙間もシーリング。

IMG_7525さらに2液製ウレタンコートで密閉してから、

IMG_7526ボディ同色塗装にて仕上げ。内装を組み付けてからでないとロールバーを取り付け出来なかった為、今回はこのように分割した作業となりました。

乾燥後さらに組み付けを進めます。

BNR32 165号車 事故修理 2

2024/05/19

BNR32 165号車 事故修理ですが、修正を始めます、

IMG_7401事故時の力の入力方向の逆側へ引き出していきます、

IMG_7405右フレームが適正位置に来ましたので、ジグに固定します。

IMG_7406同じくストラットタワーも適正位置になったので固定します。

IMG_7487全ての位置が出ましたので、これで土台の修正は完成です。

IMG_7301修正前と比較すると如何にフレームが歪んでいたかがよくわかります。

IMG_7501右側は変形が少なくこのまま板金で仕上げることが出来そうですが、左側は変形量が大きく板金での修正には時間を必要とするのと、既に生産廃止品ですので、現状では数に限りがありますが、

IMG_7502ストラットタワーを新品に交換します。

IMG_7507細かな修正はまだ必要ですが、大まかな骨格の修正は完了です。

*BCNR33、BNR34のストラットタワーとBNR32は形状が異なりますので、錆、腐食による交換はあまりありませんが、このように事故による損傷で必要になる事は十分に考えられます。

既にBNR32用も3Dスキャンは完了していますので、今後生産したいと思います。

BNR32 161号車 11

2024/05/09

BNR32 161号車は、

IMG_7333スペアタイヤハウスにも錆が広がっていましたので、処置します。

定番のリアスポイラー取り付け部からの水漏れかとも思いましたが、どうやら違うようで・・。

ボディ全塗装時にはリアスポイラーのゴムパッキンは新品に交換しますのでそこは問題無いのですが、別の場所から水が進入しているなら確認が必要です。

IMG_7350錆を取りながらトランク内を確認していると、ん?

IMG_7351水が進入している形跡が、

11どうやらここから水が入っているようです、この裏側の、

IMG_7355タイヤハウス内のパネル接合部のシールが割れてそこから水が入ってきているようです。

やはりシール材は経年劣化でボディパネルの”しなり”に追従できなくなってひび割れ、そこから水が進入し錆を発生させています、この車両は下回りの防錆処理も施工しますので、シーリングもやり直します。

BNR32 165号車 事故修理

2024/05/06

BNR32 165号車は、事故による損傷の修理をご依頼いただきました、

IMG_7209まずは現状です、

IMG_7210それなりのダメージです。

IMG_7299分解完了です、そうするとダメージの全体像といいますか、力の入力方向や歪みがよくわかります、

IMG_7301両フレームとも右側へ、そして左フレームは上に右フレームは下にと捻じれが発生しています。

IMG_7309修正の為にBNR32専用ジグに車両を載せます。

IMG_7305前後、左右方向は当然として、上下方向のずれも同時に確認出来ます。ジグとフレームが離れているのが分かると思います、

IMG_7310この隙間分フレームが上に持ち上がっています、

 

BNR34 164号車 ストラットタワー交換

2024/05/03

BNR34 164号車は、定番のストラットタワー交換と下回りの防錆処理をご用命頂きました。

IMG_6602まずは分解して

IMG_6606現状の確認です。

IMG_6608このくらい下からの錆で盛り上がってきていれば、

IMG_6611内部の錆はある程度進行しています。

IMG_6643

上面パネルの部分切除修理の簡易修理ではなくストラットタワー交換を行います。費用的には簡易修理より当然かかりますが、簡易修理はその名の通り簡易修理です、下のパネルの錆をどんなに完璧に除去して下処理したとしても上面パネルが部分切開の場合、溶接にて接合する為その個所がどうしても錆の再発の可能性が高くなります。

ストラットタワーアッセンで交換の場合は接合方法は新車製造時と同じ手法のスポット溶接で行いますので溶接熱による影響を最小限に抑えることが出来ます。理想的にはスポット溶接後、電着塗装に沈めればさらに防錆効果は高く出来ます。

IMG_6649BNR34専用ジグに固定して新しいストラットタワーの位置決めをします、

IMG_6651このジグに車両が固定できると言う時点でこの車体の寸法はメーカー公表値と同じであることが証明できます。

IMG_6673ストラットタワーと同じく弊社オリジナルのカウルトップブレースも使用してストラットタワー交換は完了です。

IMG_7293BNR34用とBCNR33用を製作し販売しております。ストラットタワーもそうですが、3Dスキャナーで計測し行っていますので形状は同じですが、外装パネルと違い骨格パネルは強度が重要になります。形だけ似ているだけでは自動車として走らせるのに不安があります。

IMG_2769弊社で製造している骨格パネルパーツは純正パネルの形状測定と、その素材の強度測定も行っており、

ガレージヨシダ様向け試験結果_page-0001その試験の結果から、

image3最低でも純正同等、可能なら純正よりも強度のある素材を選定しています。

例えばより柔らかい(変形させやすい)素材を使用すれば、製造に必要な金型を小さく出来たり、使用するプレス機を能力の低くできたりとコストを抑えて作ることも出来ますが、コストよりもまずは性能を優先したいと思います。

IMG_6682ストラットタワーの交換作業が終わったので次は下回りの作業に入りますが、この車体、

IMG_6684シャーシブラックより厚みと粘度のあるアンダーコート剤を散布されており、

IMG_6686まずはこれらを取り除く必要があります、

IMG_6709

なぜならこれらの散布物は錆びる前に施工されていることはほぼ無く、基本的に錆がでてきてから、その錆の上に施工される為、この下に錆があることになります。

IMG_6800その為それらを剥がしていくと、

IMG_6802下から錆が出てきます、

IMG_6797場所によっては、

IMG_6798穴が空いたりしていますので、

IMG_6799部分的に切除して修理します。

IMG_6807錆を除去して地肌の露出した箇所は

IMG_6810溶剤にて処理します。もちろんここでも電着塗装に沈めた方がベストではありますが、総剥離になると大幅にコストがかかります。

IMG_6815溶剤処理の後はシーリングと2液製ウレタンコートそして、

IMG_6828ボディ同色塗装を行います。

IMG_6921エンジンルームも全面下地塗装から

IMG_6924ボディ同色塗装を行い、

IMG_6928完成です。

IMG_6929シール材も機械が施工した不完全な密閉ではなく手作業にて隙間を埋め、塗装も純正のように薄くかけるだけではなくボディ外装と同じ工程でクリアコートし美観と耐久性を確保します。

 

BNR34 162号車 7

2024/04/26

BNR34 162号車 は、乾燥期間も終え本塗装を行います。

IMG_7148パーツ類の塗装が完了し、

IMG_7162ボディ本体も完了です。