BNR32 栃木県 H様 129号車 10

2021/01/27

BNR32 栃木県 H様 129号車は組み付け作業を続けていますが、

IMG_5785リアバンパーの取り付けステー等ですが、

IMG_5787各部に錆が出ているので、

IMG_5789全て剥離して、

IMG_5796パウダーコートしました。

基本的に組み付け作業は、必要に応じてこのような塗装作業を行いながらになります。

BNR32 栃木県 H様 129号車 9

2021/01/24

BNR32 栃木県 H様 129号車は塗装が完了しました、

IMG_5764外装はもちろんですが、

IMG_5758トランク内や

IMG_5754室内も全て塗装済です。

IMG_5466もちろん裏側も

IMG_5780これより組み立て開始です、

IMG_5783まずは配線やダッシュ内部の組み立て

BCNR33 R様 131号車 5

2021/01/23

BCNR33 R様 131号車はシャーシリフレッシュとパウダーコートの続きを進めていきます、

IMG_9860まずは分解から、

IMG_9865分解完了、

IMG_5721今回はノーマルブッシュ仕様で、

IMG_5718リアナックルは、いつもどおり

IMG_5725ウェットブラストで綺麗にしてから、ブッシュを

 

IMG_5730圧入して完成、

IMG_5712アーム類も

IMG_5735剥離して、パウダーコート

IMG_5732フロントロアアームもパウダーコート完了、

IMG_9812次はボディへ組み付けていきます、

IMG_9647鮮やかな色のなので、

IMG_5686黒いパーツが映えます。

 

 

 

BNR32 栃木県 H様 129号車 8

2021/01/21

BNR32 栃木県 H様 129号車は室内の塗装が終わり

IMG_5740外装も塗装が完了しました、もうすぐ組み立て開始です。

BNR34 北海道 N様 127号車 1

2021/01/21

BNR34 北海道 N様 127号車は分解し作業進めております、

IMG_5747外装ばらしてエンジン降ろします、しかし、、

IMG_5744全て交換するネジですが、半分くらいは折れてしまいます、問題なく緩んでくれるか、折れるかで分解はもちろんですが、折れたネジを除去するには時間がかかり、本数が多くなると非常に大変です、このあたりが錆びている車両の作業時間を長くしている要因の一つです、M6程度の細いボルトはまだいいですが、足回りのボルトが緩まないのはツライです。

BCNR33 オーテックバージョン 060号車 27

2021/01/21

BCNR33 オーテックバージョン 060号車ですが、一旦、完成というか登録も終わり走行可能になりました。

IMG_5708まだまだ手を入れたい部分や、アップデートしたい事もあるので、もうしばらく作業は続けたいと思います。

IMG_9839デフとか、ミッションもOHしたいな~など見ていれば気になる部分が色々出てきます、

IMG_9838

 

 

 

BNR32 栃木県 H様 129号車 7

2021/01/19

BNR32 栃木県 H様 129号車は、

IMG_9827室内とトランクルームの塗装を行います、

BNR32 栃木県 H様 129号車 6

2021/01/16

BNR32 栃木県 H様 129号車は下回りの塗装が完了し、

IMG_5468続いてエンジンルームも

001塗装が完了しました。

次は室内と外装ですが、

IMG_9818左リアクォーターが以前に交換されている車両ですので、

IMG_9820接合面や溶接した箇所はその後他の箇所に比べてどうしても錆びやすくなるので、このように錆が発生する可能性が高いです。

またサイドステップも、

IMG_9576板金、修復した後がありましたが、かなりパテを盛って処理してあり、そのパテの下から錆が発生していたので、パテと錆を除去しました。ここから修正します。

このような以前の作業の再修理を行う事は車が古くなればなるほど多くなると思いますし、複数オーナーの車両は以前にどのような修理がされていたかも分からない状態だと思います。

 

129号車のオーナー様に聞かれたわけではありませんが、

 

よく質問される内容に、以前の修理が良かったのか、悪かったのか、その方法が適切だったかどうか、があるのですが、車だけを見た場合ならもっとしっかり修理した方がいい、もっとしっかりした処理をした方がいいなどと判断できるかもしれませんが、

車だけでは判断は出来ないと思います、どの場面でもその車両にはオーナー様がいて、予算があると思います。後からの判断ではそれがわかりません、つまり少ない予算でなんとか修理したい、または今は別の箇所がより大きな問題を抱えているので今はとりあえず処置をして、今後しっかりと修理しようなど、その時の「状況」があると思います。

 

もしかすると少ない予算であったにも関わらず、その時作業した職人さんの心意気で何とか費用を抑えて修理していたかもしれません、その時のオーナー様がその作業に満足していたのであればそれは「いい仕事」だったかもしれませんし、別の予算が十分にある方から見れば「中途半端な仕事」だったかもしれません、

 

作業の良し悪しを結果だけは判断が難しいと思います。

 

 

 

BCNR33 秋田県 F様 104号車 12

2021/01/15

BCNR33 秋田県 F様 104号車はステー類のパウダーコートも完了しましたので、下回りの組み付けに入ります、

IMG_9772まずは配管、配線、燃料タンクです、

IMG_9779燃料タンクのステーやけん引フックなどもパウダーコートしているので、組付けも気持ちいいです、

IMG_9777燃料タンクから配管までのホースも劣化していますので、このタイミングで交換しておきます。

BNR34 京都府 K様 128号車 12

2021/01/12

BNR34 京都府 K様 128号車はもうすぐ完成ですが、

IMG_5642組み付け途中に気になる所が色々出てきます、BNR34のヘッドライトの個々のステーですが、非常によく錆びます、

IMG_5647ボンネットを開ければ見える部分ですし気になるので、

IMG_5652外して、ブラストしてから、

IMG_5653パウダーコートします、ここはあまり光っていても違和感があるので、ハーフマットブラックでパウダーしました。